早漏を克服するにはさまざまな方法がありますが、トレーニングも重要です。1人でできるものからパートナーの協力が必要なものまで、トレーニングの方法もいくつかあります。また治療薬やサプリなどもご紹介していきます。あなたの早漏克服を全力で応援するサイトです!

PC筋を鍛えて早漏生活を拭け出そう

喜んでジャンプをする男性

早漏克服のトレーニング方法にはPC筋を鍛える方法も有効的です。
PC筋とは骨盤底筋と呼ばれる筋肉群の事を指します。
骨盤底筋を鍛える事によって射精のタイミングをコントロールする事ができると言われており、早漏の改善には効果を発揮します。
PC筋を鍛える事によって得られる効果はその他にもあり、多くのメリットを考えると実践してみたいトレーニングの一つです。

PC筋は、ペニスが正常に働くための大切な筋肉の一つで、一般生活の中ではおしっこを止める時に使用します。
尿や精子は同じように尿道を通って輩出されますので、おしっこを止める事ができるのと同様にPC筋を鍛える事で射精を我慢する事ができるようになります。
射精は、ペニス付近にある骨盤底筋の筋肉が痙攣する事によって行われます。この筋肉の痙攣を担ってくれているのがPC筋です。
トレーニングをすることによって痙攣を抑える力がつき、早漏克服への道を開きます。
PC筋を鍛える事によって早漏改善と共に得られるメリットとしては3つあります。

ペニスの増大効果
ペニスに効率よく増大させるためには海綿体に多くの血液が流れる状態を長時間キープさせることが重要です。
PC筋を鍛える事によって、ペニスの海綿体に充血した血液が戻りにくい状態になります。
体内に血液が戻りにくくなれば、勃起力や維持力につながり、ペニスの増大につながります。
尿漏れ防止効果
PC筋が弱いと、おしっこを全部出しきったと思っていても後で少し漏れてしまう事があります。
そこで、PC筋を鍛える事によってしっかりとおしっこを止める力を養います。
便秘改善効果
便秘は内臓が下がり、胃腸を圧迫する事によって引き起こされます。
このような状態では、骨盤底筋が緩んで弱くなっていますので、骨盤底筋を鍛え直し内臓を正しい位置に戻す事によって腸の働きを改善し、便秘の解消につながります。
PC筋の鍛え方としては、まず肛門を5秒間締め、力を緩めて5秒間リラックスし、これを繰り返します。
まずは慣れるまで1日10回を20セット行う事から始めます。
肛門を締めたり緩めたりするだけですので、どのような場所にいてもいつでも行う事ができます。

食事中であって仕事中であってもやる気があればどこでもできるのがPC筋トレーニングのメリットの一つです。
健康な体であればいつでもどこでもお金をかけずに行えるPC筋トレーニングですが、注意しなければならない事が4つあります。

まず効果が出るまで諦めずに続ける事です。
PC筋トレーニングを実践している方の効果のデータをまとめると1日に必要なトレーニングの量には個人差があるという事です。
最初は1日10回20セットで良いですが、それでも余裕がある場合は更にトレーニングを課すべきです。
なんとなくでトレーニングをするのであれば、効果を実感できない場合も少なくありません。根気よく続ける必要があります。

次に、PC筋を鍛えようとおしっこを自分で意識して止めるのは危険です。
おしっこを無理に止めようとすると尿が逆流してしまう事がありますので、尿道に雑菌が繁殖したり、感染してしまう事もあります。
PC筋を鍛えようとしてスクワットを行う方もいますが、それも間違いです。
スクワットは下半身の筋肉量の多い部分であるふとももやお尻に負荷がかかります。
PC筋にはほとんど負荷がかかりませんので、辛い思いをしてスクワットをしても、下半身を鍛える事はできますがPC筋を鍛える事はできません。

最後に、PC筋トレーニングを過度に行うと通常の筋肉トレーニングと同様に筋肉痛になります。
主に肛門から睾丸の付け根にわたって鈍痛が感じるようになります。
筋肉痛のままトレーニングを行っても効率が悪いので、痛みを感じたらたまには休む事も大切です。