早漏を克服するにはさまざまな方法がありますが、トレーニングも重要です。1人でできるものからパートナーの協力が必要なものまで、トレーニングの方法もいくつかあります。また治療薬やサプリなどもご紹介していきます。あなたの早漏克服を全力で応援するサイトです!

早漏克服のためのトレーニング法とは

気まずい雰囲気のカップル

早漏を自分で治そうと考えている男性は非常に多く、改善の為の様々なトレーニング方法が開発されつつあります。
セックスをするときに、パートナーの女性を満足させたい気持ちはあるものの、心と体は別で、早漏の症状を感じている男性の多くが長くても5分以内で射精をしてしまいます。
5分以内に射精してしまうと女性が性的な満足をする前にセックスが終了してしまい、後に残るのは気まずい空気という場合も少なくありません。
そのような事態を回避するためにも、早漏の自覚症状が出た段階でトレーニングを開始する事が重要になります。
早漏の症状には個人差がありますが、多くの男性はトレーニングによって症状が改善する見込みがあります。
ここでは誰でも実践できるトレーニング方法を書いてみます。

>早漏克服のためのトレーニング法とは

早漏を予防したり、改善する事を考えた時に第一に行うべきなのが早漏改善トレーニングです。

ストップ&スタート法

一般的に最も知られているトレーニングです。
ストップ&スタート法は大まかに言えば、オナニーや性行為の時に射精する寸前に我慢し、その行程を繰り返し行うトレーニングです。
ストップ&スタート法は、お金が必要ありませんし、オナニーに関してはいつでも好きな時に行う事ができますので、誰でも実践できる方法として多くの男性が行っています。
ストップ&スタート法のメリットとしてはやはり一人で実践する事ができる事です。
オナニーであれば、一人になれる空間や性的な興奮を得られる材料さえあれば気軽にできます。
ストップ&スタート法のやり方はまず最初はオナニーを通常通りの方法で行います。
そこで射精をしたくなったら手を止め落ち着くまで待ちます。落ち着いてきたらまたオナニーを行いという行為を繰り返し行います。
ストップ&スタート法では、スクイーズ法とセマンズ法というやり方があります。

スクイーズ法

脳内の意識を変えるトレーニングとして知られています。
スクイーズ法のやり方は、一人でもパートナーと一緒でも行う事ができます。
一人で行う場合はまず通常通りオナニーをし、射精寸前で手を止め亀頭の付け根の部分を強めに握ります。
ここで射精が止まる感覚がわかるはずです。この感覚がわかれば、またオナニーを継続し、繰り返します。
一回のスクイーズ法で早漏を克服する事はありませんが、継続する事によって効果が確認されています。

スクイーズ法は体質によって合う合わないがあり、効果が実感できるまで個人差がありますので注意が必要です。
スクイーズ法を実践し始めて3ヶ月から4か月経っても効果を実感できなければスクイーズ方は合っていないと判断した方が賢明です。
また亀頭の付け根を握る時にあまりにも強く握りすぎると精子が逆流してしまう事もありますので力のコントロールも必要です。

スクイーズ法のメリットとしては一人でもできますし、パートナーに手で協力してもらえればより高い効果が期待できます。
また特別な道具も必要ありませんので、費用や手間がかかりません。
スクイーズ法は継続する事が重要な方法です。サボり癖がある人にはあまり向いていません。

セマンズ法

こちらも自宅で行う事ができる早漏克服に有効的なトレーニングです。セマンズ法はパートナーの協力が必要です。
セマンズ法には4つのステップがあります。

まず1つ目はパートナーに手で刺激してもらいます。
手で刺激をしてもらい、射精寸前で止め、少し休憩し、落ち着いたらまた繰り返します。これを4回連続で行い、4回目で射精します。

次のステップは、セックスの体位で女性優位の騎乗位でセックスを行い、同様の行程を行います。
男性は動かず、パートナーに主に腰を動かしてもらいます。
一つ目のステップと同様に射精寸前で腰の動きを止めてもらい、ペニスがリラックスしたらまた繰り返します。
一つ目のステップと違う所は、4回目に男性の方が動き、ピストン運動を行い射精します。

3つ目のステップは、横向きでペニスを挿入します。この時今度は男性がピストン運動を行います。
行程は同じで、射精寸前で止め、少しの休憩ののち繰り返します。同様に4回目で射精します。

最後のステップは男性主導で正常位でセックスを行います。行程は同様に行います。
セマンズ法は昔からある方法で中には効果があらわれない方もいますが、多くの男性が実践している方法ですので試してみる価値はあります。
セマンズ法はパートナーに協力してもらう必要がありますので、結婚している場合を除けば、パートナーからの協力を得られない事も少なくありません。
そのような方はスクイーズ法を試した方が良いです。パートナーに無理強いしては意味がありません。